北海道にもある魅力的なラジウム温泉について

北海道のラジウム温泉

最近では、温泉旅館について調べると、ラジウム温泉という言葉を見聞きすることがあります。この温泉は、ラドン元素とトロン元素を一定量以上含むそうです。

ラドンは呼吸によって肺から直接血液中に取り込まれ、皮膚からも取り込まれます。

血液中に吸収されたラドンは、新陳代謝を促進させ血液の流れを良くするので、老廃物を体外へ排出し、神経痛や動脈硬化などの症状に効果があるとのことです。

トロンには大量のミネラルを含むので痛みなどに効果が期待されています。

このような効果が期待されるラジウム温泉は、北海道にも何ヶ所か存在します。

特にインターネットサイトでも話題になっている所は、北海道長万部町にある二股ラジウム温泉旅館です。

ここのラジウム温泉は、天然のラジウムと石灰が含まれ、秘湯中の秘湯ともいわれており、二週間以上経過しても良化の兆候が見られない場合は申告すれば全額返金という方針をとっています。

評価も高いので、一度訪れてみる価値はあり、魅力的な温泉旅館であるといえます。

北海道で有名な秘湯、二股ラジウム温泉

二股ラジウム温泉は、北海道長万部町にある、秘湯の温泉です。
長万部町の市街地より、山奥に一軒宿があり、明治時代から、湯治場として、歴史がある温泉です。

巨大な石灰ドームが有名で、世界に二つしかないと言われています。
巨大な石灰ドームは、北海道の天然記念物に、指定されており、露天風呂から眺めることが出来ます。

天然のラジウムと、石灰が含まれた泉質は、色々な病気に効果があり、病気が良くなったという、体験談も多くあります。

二股ラジウム温泉は、飲める温泉としても知られ、浴室には、飲泉場が設けられています。

二股ラジウム温泉宿は、2001年に新しい建物に、立て替えられています。
日帰り入浴も可能で、多くの方が訪れています。おみやげ用の湯の華も人気です。

ページの先頭へ

error: Content is protected !!