ラジウム温泉で有名な山梨県の増富温泉で心も身体も健康に

山梨のラジウム温泉

山梨県にあるラジウム温泉では、益富温泉郷が非常に有名です。
益富温泉は、武田信玄が金山を掘るときに、発見したと言われる山奥にある隠し湯です。
また、金山の鉱夫が疲れや怪我を癒したとも言われてます。
さらに、山梨県の標高約1000mの山間部にあるため温泉と同時に森林浴も楽しむことができます。
このラジウム温泉は、ラジウムが崩壊する時にラドン・トロンという天然の放射能を発する物質が生まれます。
ラジウム温泉に含まれる、この天然の放射線は、数々の研究で免疫向上に役立つことが証明されています。
この天然のラジウム温泉による治療効果は「放射線のホルミシス効果」と呼び病気に対処する新たな方法として注目を集めています。

増富温泉の泉質の特徴と周辺の環境について

山梨県の北西部に位置する増富温泉という名前を聞いたことはありますか。ここでは、増富温泉を知らない人の為に、どの様な泉質なのか、また周辺環境にはどの様なものがあるのか説明します。
まず、増富温泉の泉質についてですが、ラジウムの含有量が多いのが最大の特徴といえます。また、源泉の温度は約30度程とあまり高くないというのも特徴になります。周辺環境としては、日本百名山にも選ばれている金峰山やみずがき山などの山々に囲まれています。増富温泉自体も、標高約1000メートルの高地に位置しており、豊かな自然環境の中にあります。
ドライブ等で、山梨県を訪れる機会があったり、山登りが趣味だという方は、一度訪れてみるのもよいかもしれません。

ページの先頭へ

error: Content is protected !!