北海道/東北地方のラジウム温泉

東北に日本を代表するラジウム温泉のひとつがあります

東北地方には、日本を代表するラジウム温泉のひとつ、玉川温泉が秋田県にあります。
玉川温泉の泉質の特徴は、pH1.2の強い酸性で源泉の温度が98度になり、無色透明になっています。ラジウム温泉がある地域の中でも玉川温泉は、1ケ所から湧き出す量が9000ℓで、酸性が強く源泉温度が高いことは日本一となっています。

リウマチや神経系の疾患、皮膚病や免疫力を高めるなどの効果が得られるといわれています。温泉に入るのはもちろんですが、地熱を利用しての岩盤浴、蒸気を吸入するなどで、免疫力や治癒力の向上が期待されます。

レジャーを目的に訪れる方は、新玉川温泉を利用されるのがいいでしょう。

源泉は同じですので、身体を癒すことができます。療養や静養が必要とされる方は、東北にあるラジウム温泉の玉川温泉に足を運ばれてはいかがでしょう。

ページの先頭へ

error: Content is protected !!