鳥取県には湯治で有名な人気の泉質の三朝温泉あり

鳥取のラジウム温泉

ラジウム温泉というのはラドンといった元素の一種である放射性同位体が含まれる温泉であり生理作用を及ぼすことで血行を促進したり、新陳代謝が活発になり免疫力や自然治癒力が高まるといったものです。
鳥取にもラジウム温泉があり高濃度のラドンを含んでおり、肩こりや腰痛、神経痛、気管支炎、高血圧、冷え性、婦人病、疲労回復といった効能があります。
鳥取のラジウム温泉には放射線のホルミシス効果があり、これは微量の放射線を受けると細胞が刺激をうけて活発化されて血行が促進され、新陳代謝や免疫力を高めることがわかりその効果も注目されるようになってきたのです。
温泉は入浴するだけでも気持ちのいいものですが、このような温泉の効能を確認してみるのもいいです。

三朝温泉の特徴と絶大な人気の理由について

最近では、健康志向の高まりを受けて体に良いとされる温泉がブームとなっています。全国各地にはさまざまな効能のある温泉があり、多くの観光客が訪れています。それらの中でも、鳥取県にある三朝温泉は、肌にしっとりとした潤いを与えてくれる効能がありますので、女性たちからも圧倒的な支持を集めているのです。
さらに、鳥取県の三朝温泉の大きな特徴としては、リウマチや糖尿病、肩こりや腰痛などにも効くお湯が挙げられます。入っているうちに健康な体を手に入れることができますので、お年寄りからも厚い信頼を得ています。このように、三朝温泉は、子供から高齢者まで幅広い年齢層の人々から親しまれているのです。今後もますますその人気は高まっていきます。

三朝温泉の特集ページへ

ページの先頭へ

error: Content is protected !!