「長野県のラジウム温泉」の記事一覧

放射能泉はラジウム温泉ともいわれ、ラドン、トロンが主成分です。
飲用すると、利尿作用や、代謝改善効果があり、痛風や慢性の尿路疾患や糖尿病に効果があります。

また、リウマチや神経症の鎮静作用もあるといわれています。
放射能というと驚く人も多いですが、ラジウムやラドンなどの微量の放射性物質を含むという意味で、効能は、婦人病、動脈硬化症、高血圧など、大変療養効果の高い温泉としても知られています。

最近は、がんの発生を防いだり、免疫の力を高めているとの研究報告もあります。
長野県でも放射能泉の成分が含まれている、ラジウム温泉があり注目されています。

長野の自然豊かな場所で、ゆっくりラジウム温泉に浸かりながら、療養をされてみることもいいでしょう。

ページの先頭へ

error: Content is protected !!