釈迦の霊泉

概要

群馬県の山あいにある保養温泉地

奈女沢温泉の歴史は古く、戦国大名の上杉謙信が利用していたという説があるほどで、明治時代から温泉として利用されていたようです。
古代には老若男女を問わず、様々な病気や疾患を持つ人々に利用されてきましたが、現在では国の国民保養温泉地に指定されています。

奈女沢川は著名な利根川の支流として知られていますが、その奈女沢川の源流に位置する温泉地としても知られていて、周囲は自然に囲まれた環境です。

周辺の環境は山あいにあるまさに日本の山奥といった風情で、険しい山道を進んでいく必要があり、古来より人々が利用してきた歴史を感じさせます。

交通アクセスは電車では少し不便なところがあり、標高も800メートル近くあることから、多くの方は自家用車を利用されているようです。
電車で行くとなると、最寄りの上越線上牧駅からは歩いて1時間程かかってしまうのがその理由です。

とはいっても周辺の自然を見ながら歩くこともできるので、附近の散策を楽しむために歩いている方もいらっしゃるようです。

様々な症状に効くと言われている泉質

奈女沢温泉は現在、釈迦の霊泉という名前の施設でも知られています。
源泉は過去にも様々な疾患に効用があると言われてきたラジウム温泉です。

奈女沢温泉の泉温は約25度で、泉質はゲルマニウム含有また含ラジウム石膏泉と言われていて、メタケイ酸も含有しています。
pH値は9.4なので弱アルカリ性の性質に分類されますが、お湯は見たところ無色透明でにおいもほとんどありません。

ここの泉質は他の多くの温泉と同じく肩こりやリウマチ、関節の痛みや五十肩などの症状に効くとされ、美肌にも効果があると言われています。

また火傷やその他の外傷の治癒にも効果のある成分を含んだ源泉と言われており、その他にも神経痛や消化器機能の改善にも効果があるとされています。

古くは地域の人々から湯沢の湯として親しまれてきた奈女沢温泉ですが、現在でも日本全国から人々が訪れる保養温泉地となっているのです。

住所

住所 〒379-1303 群馬県利根郡みなかみ町上牧3768
電話番号 0278-72-3173
公式ホームページ https://www.shakanoreisen.com/

釈迦の霊泉の効能

釈迦の霊泉の禁忌

釈迦の霊泉のラジウム含有量

釈迦の霊泉へのアクセス

電車

日帰り入浴

奈女沢温泉 釈迦の霊泉

  • 住所:〒379-1303 群馬県利根郡みなかみ町上牧3768
  • 電話:0278-72-3173
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 定休日:不定休
  • 入浴料:大人1000円、子供500円、小学生未満250円

宿泊

辰巳館

  • 概要:
  • 住所:〒379-1303群馬県利根郡みなかみ町上牧2052
  • 電話番号:0278-72-3055
  • アクセス:上牧駅より徒歩3分
  • 駐車場:60台


上牧温泉 人気の貸切風呂と炭火山里料理の宿 辰巳館

蛍雪の宿 尚文

  • 概要:釈迦の霊泉からは少し距離があります。
  • 住所:〒379-1725群馬県利根郡みなかみ町綱子277
  • 電話番号:0278-72-2466
  • アクセス:水上駅よりタクシー10分
  • 駐車場:10台


水上温泉 蛍雪の宿 尚文