効果抜群の玉川温泉にはなかなか行けない

ラジウム温泉というと最も有名なのが秋田県の玉川温泉です。
日本に他にもラジウム温泉はありますが、玉川温泉が最も有名です。

玉川温泉のラジウム温泉が、有名なのは効果が高いからです。
特に日本では玉川温泉にしかないと言われる北投石を使用した岩盤浴は癌をも治すと噂されており毎年多くの人が岩盤浴に入りにきます。

北投石とは、天然ラジウムを微量な放射線を出す石として知られており有名な薬石です。

ラジウム温泉から発する微量な放射線が身体を刺激することにより健康効果があります。

これを放射線ホルミシス効果と言います。

こんな効果抜群の玉川温泉ですが、場所が東北の山奥にあり人気のため宿泊予約をとることも難しいためなかなか行くことはできません。

遠方から入るとなると費用もかなり掛かります。

実は玉川温泉を自宅で体験することができる

効果抜群の玉川温泉と同じ効果を自宅で得る方法があります。

それは、「玉川の花湯」を使うことです。

「玉川の花湯」って何と思うかもしれないの説明をします。

玉川の花湯とは、3種類のセラミックボールです。
その3種類のセラミックボールの効果が玉川温泉と同じ効果を持っています。

玉川湯の花 セラミックボール
これが中心的なセラミックボールです。
このセラミックボールが北投石と同じ効果を有します。

遠赤外線 セラミックボール
遠赤外線を発します。

マイナスイオン セラミックボール
トルマリンの5倍ものマイナスイオンを発します。

この3種のセラミックボールをお風呂に沈めておくだけで半永久的に玉川温泉の効果を得ることができます。

コスト的にも一度玉川温泉に2泊3日ぐらいでいくだけでも数万円掛かりますのでかなりお得感があります。



>>玉川湯の花の詳細はこちら<<